オタノシミ

ricedai's diary

2015-01-12

予約した時間にスタジオに着く。
店員さんがなにやら説明してきた。私はインターネットで予約したのだが、その店員さんの説明によれば、私がインターネットで予約したのと「ほぼ同時」に店頭で予約が入ったとの事である。ハテ?私が予約したその時間、確実に空いている事を確認し、さらに予約がなされた事をWeb上で確認し、スタジオ側から予約受付した旨の通知メールを受け取っている。
これはいったい、どういう事か?店頭で予約を受けた際店員さんがWebの予約が入っていないかどうかの確認を怠ったというか事か?
であればそう言ってもらい、一言謝ってもらいさえすれば、私としてはそれで満足なのである。
ところがそういう説明はなく、こういう事が「たまにある」という説明を受け、Bに1時間Aに1時間入る事ができるという。
セッティングの時間はどう考えているのか?準備、片付けの時間を倍にしろという事か?
到底受け入れる事ができない提案であったため、4時間後なら空いてるとの事なのでその時間で予約を取った。

なにやら釈然としない、モヤがかった気持ちのまま、マクドナルドに行き、ブックオフに行きして4時間を過ごす。

4時間後店に行った時、別の店員さんに変わっていたが、今日あった事にかんしてクレーム(この場合正当であると思うのだ)を言わぬではいられなかった。
この店員さんはダブルブッキングであった事をすぐに認めてくれたのだが、話が全く飲み込めていない様子で、つまり、この件に関して引き継ぎがなされていない事が察せられた。
私はこの4時間のモヤがかった気持ち、そして、最初の店員さんの不明瞭な説明を受け、退店する時のなんだか惨めな気持ちが込み上げてきた。
最初から、ダブルブッキングしてしまいました、ごめんなさい、と言われていたなら、「了解です」で済んだであろう話である。私はそのミスは全く気にしない。しかし、そのミスを伝えず、不明瞭な説明で押し切った点は誠に遺憾であり、最初から、キチンと事情を説明してもらえたら、と思った。

・そしてスタジオに
椅子の位置であーでもない、こーでもないする。
いつも座ろうとする椅子の位置は、たぶん右すぎるから、
左に寄せなくてはいけない、1時間くらい経ってから気づく。

私は家に椅子がない。いつも座布団に座って腿にパッドを載せて叩くのだが、そうすると椅子に座って叩くときにえらく感じが違うのだ。
自然な椅子の座り方がわからないのである。
外で椅子に座るシチュエーションはあるが、そのような時に左右両手両足をバタバタさせる事はNGだろうから、と気兼ねしてしまう。こうなったら家にドラム用の椅子を買うべきか?