オタノシミ

ricedai's diary

2016-05-07 身体

ドラム演奏用スニーカーは使わなくてもよかった。普通のスニーカーでも不自由は感じなかった。スタジオに備え付けられている、あまり快適とはいえない踏み心地のペダルだったが、不自由は感じなかった。
椅子を53cmにセットして座る。右足をペダルにどう載せるか。内から外か外から内か。はたまた中央か。ここをしっかり理解していないと良好な姿勢で演奏する事は難しい。姿勢の乱れは音の乱れに繋がり、姿勢の乱れた状態で演奏する事により身体の部位に負荷がかかる。負荷が蓄積されれば怪我をしたりするという事もあるのではないか。

良好な姿勢を探す日々は続く。
スネアは手前に傾けて、タムもセットして、シンバルもセットして。丁度いい具合にセットされていたから、トコトコ叩いていたら気づけば10分くらい時間が経っていた。
サンバキックを踏んでみた。タムも叩けるようになってきた。
亀より遅い歩みだが、少しずつ前に進んでいると思いたい。