読めるものは読める

昨日600ページびっちりの本を読み終えた
読み始めるとページの長さは気にならない
600ページの本が読めるなら100ページの本は楽勝かといえばそうではなく
読めないものは読めないのであった。

この違いはなんだろう。