徒然

体がスースーするボディソープを使い始めた
夏季限定

業務スーパーでフランス製のクッキーを買った
絶対うまいやーつ

コインランドリー

今日はゴリゴリ暑い
この時期コインランドリーのエアコンが嬉しい
中で涼むのが風流

洗濯が終わって蓋を開けた瞬間、まだ洗わなければならないものがあったのを思い出した

細かい物忘れのおかげでちょっぴり残念です

 

夏の常連客

毎年この季節にコガネムシがやってくる
初めて発見した時は「キャッ」と声を出したが、今は馴れてしまって見つけても真顔である

コガネムシは動き回る事はなく同じ場所でじっとしていた。
間違って踏んだら嫌なのでドラムスティック(便利!)をそっとコガネムシに近づけると
「ブィィ!」という音がして羽を拡げた。

大いにびびってしまった。

しばらく見つめあっていると、ブェェェェェェと飛んでいった

ブックオフで本は売らない

ここ最近二度図書館に本の寄贈をした
図書館に本を寄贈したからといって図書館に収蔵することにはならないという。

極端な例だが図書館に欠けている巻の本を持っていってもそれがそのまま収蔵されるわけではなく、捨てる可能性もあれば、時折開催する払い下げ会にて無料配布する可能性もあるという事。

うーんと考えたが、ブックオフに持っていって1冊5円買い取りされるくらいなら、収蔵の可能性がある分寄贈したほうが気分が良い。

自分が「これは良いモノだ、価値があるモノだ」
と思っていても、ブックオフに限らずどこだって世間に持っていけば5円の価値しかない。
その5円という値段も考えてみれば「さすがに可哀相だから5円つけてやるわ(笑)」と嘲笑されているようにすら感じる。いっそのこと本なんて解体してしまって、トイレに持っていってケツ拭くのに使った方が有意義で文化的である

 

 

冷凍庫の霜取り実施

電源抜いて冷凍庫のドアを開ける

中身全部出す

使わなくなったしゃもじで霜を削って、塵取りに捨ててく

所要時間五分

めんどくさいが、やるとやらないとでは電気代に違いが出てくる

風呂屋への裏道

その裏道を通ると人目につかず銭湯にいける。
知っている人は知っている裏道。
ほっそい道に入っていく人たちを不思議に思いながら見ていた。「この道をつかえばいい。他の道じゃダサいでしょ」と連れ合いに話しているのを聞いて、なるほどそうだなと思った。下町の粋人に感化され、裏道を通って銭湯に行ってみたくなったので銭湯へ。

晴れているだけで気持ちがいい

本当に雲一つない良い天気。
こういうのを日本晴れというのだったか

本当に雲がない

夏って感じ