オタノシミ

ricedai's diary

ライブの話

演奏が終わったあといつもお見かけするベーシストのM氏とお話する機会があり、あれやこれやなんだかんだ話しした。

自分の演奏は酷かった。動揺しっぱなしの演奏だった。よくない、これはよくないぞと演奏が終わってテーブルに戻った時頭を抱えてしまった。

そんなことの後だったからM氏とお話した事によって、また次だ!という気持ちになった。

真夜中堤防走ってるとジャンガリアンハムスターが草むらを走っていた。

どこまでもどこまでも、走っていけよぅーと思った