オタノシミ

ricedai's diary

ブックオフで本は売らない

ここ最近二度図書館に本の寄贈をした
図書館に本を寄贈したからといって図書館に収蔵することにはならないという。

極端な例だが図書館に欠けている巻の本を持っていってもそれがそのまま収蔵されるわけではなく、捨てる可能性もあれば、時折開催する払い下げ会にて無料配布する可能性もあるという事。

うーんと考えたが、ブックオフに持っていって1冊5円買い取りされるくらいなら、収蔵の可能性がある分寄贈したほうが気分が良い。

自分が「これは良いモノだ、価値があるモノだ」
と思っていても、ブックオフに限らずどこだって世間に持っていけば5円の価値しかない。
その5円という値段も考えてみれば「さすがに可哀相だから5円つけてやるわ(笑)」と嘲笑されているようにすら感じる。いっそのこと本なんて解体してしまって、トイレに持っていってケツ拭くのに使った方が有意義で文化的である