オタノシミ

ricedai's diary

【雑】Amazon kindleで見つけた激安洋書紹介 

激安=0円です。

あえてグーグル翻訳せずに当方の怪しい理解力で紹介。
適当さ、いい加減さを冗談として受け取ってください。

  • 死ぬまでに読むべき100冊。13166ページ、マジで100作品入ってる模様、プルーストはスワンへの道だけか?英語読める人はこれ持っておけば何年か楽しめるんじゃないだろうか。無料だし、おすすめ。

 

  • プラトン全集。1603ページ、無料。(紹介できる知識無ッ)

 

  • ベルナドット将軍の評伝・・・?多分、ナポレオンの一味だと思うが、当方のすぐ出てくる一味の名前はダブー、ネイ、オージュロー、コランクールだけでした。歴史弱い。

 

  • めんどくせぇやつらとの駆け引きの方法。これで当方も一歩スマートな人生へ。

 

それにしても英語圏、英語が読める人というのは学術的にも恵まれてますなぁ。
マジで英語読めたら・・・と思いますね。なぜ日本は著作権切れの作品の電子書籍にも2000円とかの値段がついてるのでしょうなぁ。これを言いたいがために前菜として商品紹介をしたわけなのですが、もうこれから生まれてくる子供は、絶対、マジで英語だけは喋れるように読めるようにしておいたほうがいい、学校の英語だけじゃなくって、一人でアメリカ旅できるぐらいの英語。ここで鼻息荒く力説してる俺っていうのが英語全然できないっていうのが笑いどころなんですけどもね。PS4のゲームで英語圏の人とVCした時、こっちが咄嗟に出てくる言葉っていうのが「イェアイェア」しかなくてモンキーかと思いましたね。言ってる事はギリ分かったような(そもそも簡単な事しか言ってないと思う)気がしたけど、返事が「イェア」「オーウ」しか言えなくて、どんだけ英語聞くだけ聞いても、話せねぇなと思いましたね。話そうととしないと脳の機能って進化しないのかな。だから今回ダウンロードした洋書で、単語覚えて、音読したりしよう、そう思いましたね。